協会紹介 工法紹介 施工実績データ リンク集 トップページへ
概要紹介位置付け・分類支持力・認定範囲施工機械器具・設備施工管理項目土木工事積算歩掛

鋼管杭・中掘りTAIP工法の土木工事積算歩掛

1.適用範囲2.施工概要3.機種の選定4.構成人員5.施工歩掛6.単価表損料算定表
1.適用範囲
本資料は土木工事におけるTAIP工法による鋼管杭の施工に適用する。
なお、適用する鋼管杭の杭径は次表によるものとし、KING工法も同様の歩掛が使用可能である。


表1.1 適用範囲
工 法 杭径(o) 摘 要
中掘りTAIP工法 400〜1200 鋼管杭



2.施工概要
中掘り工法とは、あらかじめ杭中空部にオーガスクリューを挿入、杭建込みを行った後、削孔と同時に杭を圧入していく工法である。
杭打設後はグラウト材を支持層に注入し、支持層と鋼管杭を一体化させる施工方法である。
なお、施工フローは下記の通りである。


図2.1 鋼管杭中掘り工法(グラウト注入)施工フロー
図2.1 鋼管杭中掘り工法(グラウト注入)施工フロー
(注) 1.本歩掛で対応しているのは実線部分のみである。
  2.ヤットコは必要により施工。



3.機種の選定
機種・規格は次表を標準とする。

表3.1 機種の選定
機 種 規 格

数 量 摘 要
中 掘
施工杭径
φ400以上
φ800未満
施工杭径
φ800以上
φ1000以下
施工杭径
φ1000
施工杭径
φ1000超
φ1200まで
アースオーガ
中掘機
オーガ出力 55kw 1 - - -
オーガ出力 90kw - 1 1 -
オーガ出力 110kw - - - 1
クローラクレーン 排出ガス対策型(第1次基準値)油圧駆動式ウインチ・ラチスジブ型50〜55t吊 1 - -  
排出ガス対策型(第1次基準値)油圧駆動式ウインチ・ラチスジブ型80t吊 - 1 1
バックホウ 排出ガス対策型(第2次基準値)クローラ型山積0.45m3(平積0.35m3) 1 掘削土の処理作業(穴埋作業及び簡易な整正を含む)



4.編成人員
中掘り工法の編成人員は次表を標準とする。
表4.1 編成人員(人)
工 法 職 種
世話役 とび工 特殊作業員 普通作業員 溶接工
中掘 グラウト注入 1 1 1 1 1(2)
(注) 継杭を施工しない場合は、溶接工は計上しない。
  溶接工は施工杭径φ1000超の場合は2名とする。



5.施工歩掛

5-1 杭10本当り施工日数(Td
鋼管杭10本当りの施工日数は次式による。
Td=α・β・Ta(日/10本)

ここで、 α 土質係数
β 板厚係数(板厚の異なる継杭の場合には、最小板厚の板厚係数とする。)
Ta 杭種、機種別施工日数
(ヤットコの建込み及び引抜きを含むが、不要の場合でも使用できるものとする。)

(1) 土質係数(α)
表5.1 土質係数(α)
N値の範囲 20未満 20以上40未満 40以上
土質係数 1.00 1.14 1.29
(注)N値は、層の加重平均N値とする。
   
(2) 板厚係数(β)
表5.2 板厚係数(β)
掘削長 板 厚(mm)
9〜10 11〜12 13〜14 15〜16
16m以下 1.00 1.00 1.00 1.00
16mを越え32m以下 1.00 1.07 1.15 1.24
32mを越え48m以下 1.00 1.10 1.20 1.32
48mを越え64m以下 1.00 1.11 1.23 1.36
64mを越え70m以下 1.00 1.12 1.25 1.38
   
(3) 杭種、施工方法別施工日数(Ta
表5.3 鋼管杭(グラウト注入)
掘削長(m) 杭 径(mm)
400以上
500未満
500以上
600未満
600以上
700未満
700以上
800未満
800以上
900未満
900以上
1000未満
1000以上
1100未満
1100以上
1200未満
1200
16m以下 1.65 1.72 1.77 1.83 1.93 2.05 2.19 2.26 2.35
16mを越え32m以下 3.07 3.30 3.48 3.69 3.91 4.16 4.45 4.57 4.79
32mを越え48m以下 4.49 4.89 5.19 5.55 5.90 6.27 6.71 7.00 7.36
48mを越え64m以下 5.91 6.48 6.90 7.41 7.88 8.37 8.97 9.43 9.93
64mを越え70m以下 - - 8.61 9.27 9.86 10.48 11.23 11.94 12.59


5-2 杭頭処理

杭頭処理については、別途計上する。

5-3 諸雑費

中掘り工法による鋼管杭打ち込みの諸雑費は、グラウト材(セメントミルク)、溶接棒(ワイヤ)、杭先端加工費及びオーガスクリュー、オーガヘッド、ヤットコ、足場材、交流アーク溶接機損料、空気圧縮機(排出ガス対策型)、モルタルプラント運転及び電力に関する経費等の費用である。
諸雑費は、労務費、材料費(杭)、機械損料及び運転経費の合計額に次表の率を乗じた金額を上限値として計上する。


表5.4 諸雑費(%)
諸雑費率 12
(国土交通省土木工事積算基準 に準ず)



6.単価表
(1) 中掘り(グラウト注入)による鋼管杭打込み10本当り単価表
名 称 規 格 単位 数 量 摘 要
世話役   Td×1 表4.1
溶接工   Td×1(2) 表4.1必要に応じて計上
特殊作業員   Td×1 表4.1
とび工   Td×1
普通作業員   Td×1
  10  
アースオーガ中掘機運転   Td 表3.1
クローラクレーン運転 排出ガス対策型(第1次基準値)油圧駆動式ウインチ・ラチスジブ型 Td
バックホウ運転 排出ガス対策型(第2次基準値)クローラ型山積0.45m3(平積0.35m3) Td
諸雑費   1 表5.4
       
(注) Td:杭10本当たり施工日数
  :溶接工において、施工杭径φ1000超の場合は2名とする。
   
(2) 運転機械単価表
機械名 規 格 適用単価表 指定事項
アースオーガ中掘機
オーガ出力 55kW
機-18 運転労務数量→1.00
燃料消費量→65
機械損料数量→1.70
オーガ出力 90kW
機-18 運転労務数量→1.00
燃料消費量→83
機械損料数量→1.70
オーガ出力 110kW
機-18 運転労務数量→1.00
燃料消費量→85
機械損料数量→1.70
クローラクレーン
排出ガス対策型(第1次基準値)油圧駆動式ウインチ・ラチスジブ型50〜55t吊
機-18 運転労務数量→1.00
燃料消費量→69
機械損料数量→1.31
排出ガス対策型(第1次基準値)油圧駆動式ウインチ・ラチスジブ型80t吊
機-18 運転労務数量→1.00
燃料消費量→89
機械損料数量→1.31
バックホウ
排出ガス対策型(第2次基準値)クローラ型山積0.45m3(平積0.35m3)
機-18 運転労務数量→1.00
燃料消費量→37
機械損料数量→1.41
   
  (機-18)運転一日当たり単価表
名 称 規 格 単 位 数 量 摘 要
運転手(特殊)      
燃料費   リットル    
機械損料   供用日    
諸雑費   1  
       

中掘り工法(グラウト注入)標準仕様機械 建設機械等損料算定表
 
Adobe Acrobat Reader PDF形式のファイルをご覧いただくためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Reader最新版のダウンロードはこちらからどうぞ。


このページのTOPへ
 TAIP工法協会事務局 : 03-5843-4199
Copyright